トップ > 転職理由ランキング

転職理由ランキング

転職のきっかけは!?転職時の注意点は?転職経験者の生の声をご紹介します!


薬剤師の仕事は、高い専門的知識が必要であるのはもちろん、患者様への調剤などもミスが絶対にあってはならない業務であるが故のストレスやその他、様々な多忙な業務に追われ、比較的ハードな内容という部分があります。
反面、スキルアップや収入面で満足さがやりがいにつながっている方も多くいらっしゃいますが、転職をお考えの方の多くは期待値に反して得られるものが少なかったり、そもそも業務内容の相違やプライベートの時間が取れないなど、労働条件面でのご不満も多いようです。


こちらのページでは、薬剤師の方のアンケートをもとに転職理由や背景などをランキング化し、転職に対しての生の声をご紹介するコーナーです。
2006年から始まった薬学部の6年制による一時的な薬剤師不足や特にドラッグストアによる医薬品販売のための義務的配置の人員不足を背景に薬剤師業界は売り手市場とも言われていましたが、決して薬剤師の有資格者の絶対数が不足しているということはなく、また規制緩和により薬学部や薬科大学は増加傾向にありますので、今後の転職には一層慎重にならざるを得ないとも言われております。
労働条件のすべてにおいて理想どおりの求人案件というのはなかなか見つかりにくいものですので、妥協できる部分と譲れない部分をしっかりと明確にしたうえで、転職活動を進められるようにご協力致します。


結婚や出産などライフスタイルの変化


結婚や出産

薬剤師の男女比は約6割が女性を占めますので、必然的に結婚や妊娠や出産、育児などが女性薬剤師の退職や転職の大きな要因となります。
最近では、仕事とプライベートを両立できるような職場も増えつつありますが、ご出産直後などは急に休みを取らざるを得ない状況になるケースが多く、人間関係のトラブルにもつながりやすい傾向にあるようです。


ただし、結婚や出産が落ち着かれてからの復職希望も増加傾向にありますので、無理して仕事を続けるよりかは、改めて仕事を探そうという女性が増えております。
ブランクがある方の復職は不安な方もいらっしゃると思いますが、ヤクジョはそういった女性の方もしっかりと支援できるように致します。


年収アップのため


年収アップ

こちらは男女問わない転職理由として次に多い要因です。
一つの職場で2~3年前後お勤めになられた方などに多くみられ、年収アップと同時にキャリアアップという観点からも新たなことにチャレンジしようという前向きな姿勢が見られる傾向があります。
なかには、扱える処方箋の数が決まっているので給料が上がらないというようなケースもありますが、これまでの業務や労働条件を維持しつつ、単に年収アップだけで良い条件の求人案件を探すのは比較的難しいので、何らかの目的意識を持って求人案件をお探しされた方が良いでしょう。


労働時間や業務内容などの不満


業務内容

こちらも細かな詳細は多岐に渡りますが、転職理由として条件のミスマッチは非常に多い転職理由となります。
「事前に聞いていた業務内容と違う」「慢性的なスタッフ不足で残業が多く休みが取れない」「在庫管理などの雑務ばかりでスキルが身につかない」などなど、なかには提示されていた年収が残業込みだったなどというお話もあるくらいなので、転職時には希望年収や業務内容などをしっかりと確認しておく必要があります。
ただ、新たな転職先での面接にて転職動機を聞かれることが多いかと思いますが、こうした要因を主な動機とするのは転職の理由としてはあまり良くないので注意しましょう。


職場での人間関係



その他

薬剤師は女性が多い傾向にあり、また薬局などは比較的小規模の組織の中で仕事をすることとなりますので、人間関係での不満は非常に大きな転職要因となります。
薬局には、薬剤師以上に医療事務スタッフが占める割合が多いので、医療事務スタッフとの不仲なども多くご相談を受ける内容で、薬剤師の方が一人黙々と仕事をしていて孤独感が辛いという声もあります。
同じ職場で仕事をするスタッフの中にご自身と同じ境遇やライフスタイルで働いている方がいると、よき理解者として温和な人間関係を構築できる傾向にありますが、管理薬剤師や管理職ポストになると途端に業務も増え、薬局内での孤立感が強まるようなので、常日頃から各スタッフとコミュニケーションが取れるような状況を作られるよう心掛けましょう。


その他


その他の転職理由といたしましては、「そもそも薬局の経営が厳しそうだから」「転々と職を変え続けるのに疲れた」「1日薬局内での作業という閉塞感が辛い」「転勤や異動はしたくないから」「良い条件の求人案件があったから」などという内容があります。
もちろん、前向きな転職希望もあり「調剤薬局も院内薬剤師もドラッグストアも経験しておきたいから」という相談もあります。

>転職成功実績集


>無料サービスに登録する


転職・就職サポートサービスをご利用ください