トップ > お役立ち情報 > 薬剤師の○○?!の噂教えちゃいます。 > 東洋医学と西洋医学の融合を目指す

東洋医学と西洋医学の融合を目指す

  • トピックス1

    雑誌でも頻繁に取り上げられるようになってきた、漢方・ハーブの効能。
    冷えの改善から不妊治療まで、その範囲は実に幅広くなりつつあり、一般の処方箋応需だけではなく、漢方調剤も取り入れるクリニックや調剤薬局が増えてきました。
    同時に以前に比べ、薬剤師の方で、漢方薬やハーブに関わるお仕事へのご転職を希望される方も多く見受けられるようになりました。
    今回はその中でも、主に漢方調剤薬局にスポットを当て、漢方薬の基礎知識から、漢方調剤薬局の求人案件をご紹介いたします。

漢方薬の基礎知識

漢方医学が生まれたのは古代中国。
現代の医学とは違って、病名も定まらない古い時代にできたものです。
全身症状、脈などを通じて診断結果=証が決まると、処方せん=方剤が決定されます。
方剤は、現代医学のように病名に従って選択が行われるのではなく、あくまでも症状や脈等から判断される証によって決まります。
たとえば、発熱でも発汗しないで寒気のするときは葛根湯、さらに四肢の関節が痛むときには麻黄湯、体力が低下していて前述のような症状があるときは桂枝湯というように、発熱ひとつとっても、証が違えば方剤もことなります。
また同じ症状だとしても病人により、体質が違うので、それぞれにあった方剤になります。

漢方とは

漢方とは、自然と人とのバランスを保つことにより、“病気を治す”ではなく“病気の原因を突き止めて、その原因を治す”医療です。
基本的に自己治癒力を高めて、病気にならない体質を目指すので、「未病」を治すこともできます。
未病とは、まだ自覚症状が無く表面化していない病気を事前に判断し、それを健康な状態に戻せるように治療することです。

漢方と西洋薬の違い

病院や薬局で購入できる化学合成された薬「西洋薬」と、自然の中の薬効の高い「生薬」を組み合わせた「漢方薬」では病気に対しての効果の効き目に違いがあります。
炎症や感染症の病原体に直接効くものが「西洋薬」、慢性的、体質的な疾患に対して穏やかに効いていくものが「漢方薬」です。
「西洋薬」は効き目が速い分、副作用も多いです。
それに比べて、それぞれの体質に合ったものを処方する漢方は副作用が起きにくいと言えます。
(基本的に漢方には副作用という概念がなく、予期しない効果が出た場合は、証が誤っていたという認識になります)

漢方の種類

漢方薬にも種類があります。
代表的なものに、煎じ薬、エキス剤があります。
煎じ薬は生薬をそのまま煎じたものなので、成分が濃く、高い効果が見込めます。
それに対し、エキス剤は煎じ薬を濃縮、乾燥させ粉末や錠剤にしたもののことをいいます。
煎じ薬に比べると効果は劣りますが、いつでも気軽に服用ができ一定の品質を望むことができます。

漢方薬を使うメリット

漢方は病気だけではなく慢性的な疾患や未病の治療にも有効です。
西洋薬では慢性的な疾患や未病には対処しにくいので、その部分のフォローもすることができます。
1つの漢方薬でさまざまな症状を治すことができるので、複数症状の改善に有効です。
西洋薬だと多くの薬を服用する必要があるので、高齢者や子どもにも適した薬であると言えます。
1人1人の体質や症状に合わせたオーダーメイドなので、副作用が起きにくい薬になっています。

より身近になった漢方

以前は生薬を煎じて飲む必要があり、生薬自体も品質が一定ではなく、カビや虫の発生など保存が難しくなかなか一般の人が服用するにはハードルが高い薬でした。
そこに医療用漢方製剤が開発され、手間もかからず、品質も一定で、保存しやすくなったため、広く普及し始めています。
また、医療用漢方製剤が健康保険の適用になったことで、より手軽に利用できるようになりました。
更に最近では駅近や女性向けのオシャレな漢方薬局が増えてきて、女性にも親しみやすく身近になりました。
それと共に勤務先としても魅力的な立地、環境となっています。

漢方薬を取り扱っている求人

DM(Data Management)とは、治験や臨床試験で回収された症例報告書(CRF)のデータ入力・チェック・修正を行い、データに問題があった場合はCRAに調べ直させるといった、症例を管理する職種です。

CRAが回収してきたデータを絶えずチェックしながら入力・解析をおこないますので、大変神経を使う仕事です。


>お役立ちコンテンツをもっと見る


>無料サービスに登録する

転職・就職サポートサービスをご利用ください