トップ > お役立ち情報 > 薬剤師の○○?!の噂教えちゃいます。 >薬剤師業界の研修制度

薬剤師業界の研修制度

  • 薬剤師業界の研修制度

    新しい職場で働くのは期待の分だけ、不安も大きいもの。
    それが未経験の分野となると、不安はなお大きくなる方も多いでしょう。
    各業種における研修制度を一般的なものから企業特有のものまで、一挙ご紹介いたします。
    未経験の方におすすめの求人企業様のご紹介もあります。

調剤薬局

【OJT(On The Job Training)】
実際に店舗で、先輩社員の指導を受けながら実務を行う形式の実践型研修になります。
企業の規模にもよりますが、調剤薬局で最も一般的な研修制度と言ってよいでしょう。
まず実力と経験を兼ね備えた指導薬剤師の在籍する店舗で数週間~数ヶ月、集中的にOJT研修を受けた後、本配属となるケースもあります。
最近ではOJTでもチェックシートやテスト等を取り入れ、研修の成果を提示する企業が増えているようです。

【OFF-JT(OFF The Job Training)】 OJTの現場での実務研修とは異なり、机上での学習・研修方法です。
新卒の研修スケジュールにはまず最初に組み込まれることが多くなります。
内容は幅広く、社会人としてのマナー講習から企業理念等の初歩的な面に始まり、調剤業務の一連の流れからクレーム対応講習まで、調剤薬局で勤務していくうえで必要とされる情報を一通り学びます。
服薬指導のロールプレイングなども行われます。
特にコミュニケーションスキルを重視した研修を行う企業が近年は増えているようです。

【その他スキルアップ研修】 既にある程度の経験とスキルを身に付けた薬剤師を対象にした、個別研修です。
薬局長・エリアマネージャーを目指す薬剤師のための、マネジメント能力を磨くため、あるいは経営や労務・人事等現場から離れ企業を支える立場を目指すキャリアアップ研修。
また逆に薬剤師としての専門性を高めるため、認定薬剤師資格研修や漢方生薬研修、また外国人の方にも対応できるよう、英会話教育を実施している企業もあります。

ドラッグストア

【OTC研修】
接客業でもあるドラッグストアのOTC業務では、薬剤師でも、接客マナーを重視した研修を受ける企業がほとんどです。
外部から専門の講師を招く等、各社で独自のカリキュラムを用意している会社も多くあります。
これは新卒に限らず、既卒の薬剤師の方でも、経験に応じて研修を受けることを義務付ける企業もあります。
サービス業としての接遇研修以外にも、商品についての座学やPOPの作り方を学ぶ研修を設けている企業もあります。

【調剤研修】
グループ再編・ホールディング化がすすみ、企業体の規模が大きくなってきたドラッグストアでは、研修専用の調剤室や調剤センターを設けているケースも見受けられます。
グループ全体で作成したe-ラーニング研修制度や、独自設けた基準で修得度を判定する等、全社的なスキルアップを図っているのも特徴です。

【キャリアアップ研修あれこれ】
調剤専門薬局同様、薬局長やエリアマネージャーを目指すためのマネジメント研修の他、バイヤーやSV、DIといった小売業特有のキャリアチェンジを目指すことができるのも、ドラッグストアの特徴です。
各社ではそれぞれ、独自の教育制度と評価制度を設け、希望のポジションに就くための研修制度も設けています。
当然、薬剤師としての専門性を高めるための、認定薬剤師研修や、大学教授等専門の講師を招いてのセミナーの開催等、多岐に渡る研修・講習・セミナーが開かれています。

治験関係等その他企業

MRや治験関連の職種では、経験者が募集されることが一般的ですが、未経験可の募集の場合は、かなり緻密な研修カリキュラムが用意されています。
コントラクトMRで未経験募集の場合、約1ヶ月間みっちりとカリキュラムに沿った研修を行った後、さらに出向先でも研修を受ける場合が多いようです。
製薬企業へのMRとしての入社の場合も同様で、どちらも最終的には認定MR資格の取得を目指すものです。

CRA・CRC等治験業務もMR同様で、未経験者は1ヶ月単位での集中的な研修を受けます。
DIコミュニケーターなど高度なコミュニケーション能力が必要とされる職種は、さらに別途電話対応研修やケーススタディ研修等、独自のコミュニケーション研修を受けることが必要とされます。


>薬剤師の○○?!の噂教えちゃいますをもっと見る


>無料サービスに登録する

転職・就職サポートサービスをご利用ください