トップ > お役立ち情報 > 薬剤師のお仕事紹介

薬剤師のお仕事紹介

  • トピックス1

    薬剤師資格を生かした仕事を、メジャーな調剤・OTCから治験関係まで、幅広くご紹介いたします。

薬剤師(調剤薬局)

保険調剤薬局にて、医師の処方箋に基づいての調剤、副作用や併用に際しての注意、服薬指導をおこないます。
薬剤師資格を取得していなければ従事することができない、薬剤師職能を最も生かしたメジャーな職業だと言えます。

近年では、在宅患者さんの家庭を訪問しての服薬指導や薬の管理指導や、在宅医療業務を行う調剤薬局も増えています。
コミュニケーション能力を必要とする薬局様も増えてきています。 勤務地域によって年収差が大きいのも、調剤薬局の特徴です。

ドラッグストア・スーパー

OTC薬品(いわゆる大衆薬)の販売を行う際の責任者となります。
セルフメディケーション(自己治療)の意識が浸透するにつれ、ドラッグストア以外にもスーパーやコンビニから家電量販店まで、小売店でのOTC薬品の取り扱いは増えています。
また、スイッチOTCが増えてきたこともあり、薬剤師の需要も高まっています。

昨年度の薬事法改定により、第二類医薬品までは登録販売者資格を保有している者がいれば販売できることになり、薬剤師の需要が減るのではないかと危惧された時期もありました。
しかし、登録販売者を取得するため、また取得後も適正な医薬品知識を継続して身に付けるためには、薬剤師の存在が必要不可欠であり、また他社との差別化のために第一類医薬品を常備する小売店も出てきており、結果的に 薬剤師は安定して採用されている状況にあります。

調剤薬局と並び、ドラッグストア等の小売店は薬剤師の勤務先としてメジャーですが、シフトに合わせて勤務する形が多いので、体力を要す仕事です。
それに比例し、年収は高めに設定されているのが特徴です。

病院薬剤師

調剤薬局と同様に、外来患者に対し、医師の処方せんに基づく調剤、服薬指導、薬歴の管理等を行うと同時に、入院患者さんの病床へ出かけ、直接患者さんに対して服薬指導や副作用についてのチェック、注射薬の管理などを行います。
さらに、処方せんを出す医師との距離が近いことも調剤薬局との大きな違いで、薬についての様々な情報を収集し、医師に提供する医薬品情報活動、医師が適切な投与量を判断するために、投与している薬の成分について血液中の濃度の測定なども行います。

医師や他の医療スタッフと供に入院患者さんの病床に出かけ、薬剤師が直接患者さんに対して使用している薬についての服薬指導を行ったり副作用のチェックなどを行う臨床活動も活発になり、チーム医療の一員として活動しています。
勤務先の病院によりますが、カンファに参加することも可能です。
勤務先により、専門薬剤師の資格を取得することも可能なので、働きながら専門性を高めることのできる職種と言えます。

一方で病院によっては救急なら夜勤当番や、調剤薬局等に比べて給料が低水準であること等、待遇面では良いとは言えない部分も多くありますが、薬剤師という資格を最大限生かすことのできる職場でもあるため、人気も高いです。

MR(Medical Representative)

MR(Medical Representative)とは、医薬品メーカーの医薬情報担当者のこと。
かつてMRが医薬品の価格にタッチしていた時期には、医薬情報担当者は情報を提供する人としてよりは、営業職としての色合いが強く、情報よりも売上げを重視する傾向がありました。
しかし1991年の流通改革で、価格の決定権が卸の手に渡ったことにより、MRは本来の医療品情報の提供と収集に専念することとなりましたが、それでもやはり営業職としての側面も依然としてあります。
MRの平均年収はかなり高い水準にありますが、その分だけ、売上を伸ばすことも求められるようです。

MRは薬剤師資格を必要とする職種ではありませんが、医師と対等に会話ができる豊富な医療知識を必要とされます。
さらに近年では業界の自主認定試験である、MR認資格を取得しなければ訪問のできない医療機関も多いことから、薬剤師にとって有利な仕事と言えます。

MRは製薬会社に在籍し、その企業の医薬品を紹介するメーカーMRの他、外部受託会社(CSO)に在籍し、プロジェクトに応じて出向するコントラクトMRがあります。
コントラクトMRは、製薬会社にとっては人件費を削減でき、MRにとっても様々なメーカーの様々な製品を扱う機会が持てることから、近年需要が高まりつつあります。

CRC(Clinical Research Coordinator)

CRC(Clinical Research Coordinator)とは、別名臨床治験コーディネーターのこと。一般にコーディネーターとも呼ばれます。
医療機関治験実施施設支援機関(SMO)に所属し、治験責任医師の指示のもと、治験患者に対しての治験の説明やスケジュールの管理、各種データの収集・管理を行ないます。
また、被験者の心理的なサポートも主要業務になります。

CRCは専門的な能力が要求されます。そのため一定期間の研修などを受けることで、各治験支援機関から認定資格を受けられるようになっています。

CRA(Clinical Research Associate)

CRA(Clinical Research Associate)とは、臨床開発モニターとも呼ばれ、医薬品開発に必要な治験が、法律や計画に基づいて実施されているか、収集されたデータが正確かつ信頼性あるものなのかを確認し、実施される治験のクオリティをどれだけ高い状態で保証するのかを担う職種です。

薬剤師資格が必須の職種ではありませんが、治験実施医療機関のスタッフとの折衝が多くなるため、医療従事者と同様の高度な知識と倫理性を求められますので、薬剤師に有利な仕事と言えます。

製薬メーカーに在籍する他、医薬品開発業務受託機関(CRO)、治験実施施設支援機関(SMO)といった外部受託機関に在籍し、プロジェクトに応じて出向するCRAも多く存在します。

DM(Data Management)

DM(Data Management)とは、治験や臨床試験で回収された症例報告書(CRF)のデータ入力・チェック・修正を行い、データに問題があった場合はCRAに調べ直させるといった、症例を管理する職種。

CRAが回収してきたデータを絶えずチェックしながら入力・解析をおこないますので、大変神経を使う仕事です。

DI(Drug Information)

DI(Drug Information)とは医薬品情報管理のことで、製薬企業等のお客様相談室で、薬剤師、医師、および一般の方に安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスする業務になります。具体的には文献検索、資料作成、電話等での問い合わせ対応等を行います。
メディカル関連企業からDI業務を請け負った、受託機関から派遣される形での雇用が多いようです。

薬剤師資格が必須の職種ではありませんが、必要とされる知識は医薬品から医療関連の法制度まで幅広く、薬剤の知識を予め習得している薬剤師、特に治験やMR等の職業についていた方には有利な職種です。
また加えて高度なコミュニケーション能力が必要とされますが、受託機関では専門の研修を設けており、コミュニケーション能力を体系的に身につけることができるようになっています。

QA(Quality Assurance)/ QC(Quality Control)

QA(Quality Assurance)とは、日本語では品質保証となります。
具体的には、治験の実施、データ作成、文書化(記録化)、文書保存、及び治験の報告がGCPや適用される規定用件を満たしているかを保証するために設定され、行われる活動全般のことを指します。

QC(Quality Control)とは品質管理と訳されます。QAの活動の中に含まれる活動で、治験の質を検証するために行われる品質管理活動全般のことを指します。

PMS(Post Marketing Surveillance)

PMS(Post Marketing Surveillance)とは、市販後調査を差します。この市販後調査とは、新薬の発売後に医薬品メーカーが行う調査のことで、医薬品の有効性や安全性を確認すると共に、治験では得られなかった医薬品の適正使用についての情報収集・提供が目的となります。
市販後の臨床現場では、治験からは予測されなかった副作用等が発生する危険性があるため、製薬メーカーには市販後調査を含め、何種類かの調査を実施することが義務付けられています。

薬剤師資格が必須の職種ではありませんが、医薬品や薬学についての専門知識習得が必須になります。
また加えて高度な事務処理能力、また近年では語学力を求められるケースも増えているようです。

>お役立ち情報をもっと見る


>無料サービスに登録する

転職・就職サポートサービスをご利用ください